新型コロナ関連:都の時短営業要請後の初めての週末、原宿・銀座の人出は活況にはほど遠く

【通行量から見る“原宿・表参道/銀座” Vol.2】

新型コロナに関する都の時短営業要請後の初めての週末、原宿・銀座の人出は活況にはほど遠く。6月比較で通行量は原宿30%減少、銀座20%減少に。 ~リアルなデータから”街”を知る、原宿/銀座のいま~


株式会社フェイス・コムは原宿・表参道/銀座エリアの主要地点の通行量データの販売及び全国各地での通行量調査を提供する【通行量ドットコム】を運営しております。

都の休業要請が全面解除された時期での実施となったVol.1調査から約1.5ヶ月が経過した原宿・銀座の通行量を確認するべく、2回目となる原宿・表参道/銀座エリアの通行量状況の調査を実施しました。定点観測による通行量推移など、今後の経済活動のひとつの指標として価値貢献できるよう、結果を公開いたします。


2020年8月8日(土)調査結果(10時~20時にて計測) 【計測地点】 【原宿】神宮前交差点付近(ラフォーレ原宿前) 【銀座】銀座四丁目交差点付近(GINZA PLACE前)


調査結果サマリー

【原宿】前回調査(6月)から30%減少に。


前回調査(6月)通行量3.1万人に対し今回調査では2.2万人となり、通行量が30%減少。通行者における外国人割合も減少傾向。



【銀座】前回調査(6月)から約20%減少に。



前回調査(6月)通行量2.9万人に対し今回回調査では2.3万人となり、通行量が約20%減少。原宿と比較すると減少率は低い。通行者における外国人割合は変化なし。



◆年代別傾向(外国人通行者は除く)◆

【原宿】10代の減少が目立つ。

前回調査(6月)比較では10代が12%減少、20~30代が7%増加となり、10代の減少が目立つ。


【銀座】40~50代がやや減少。

前回調査(6月)比較では20~30代が5%増加、40~50代が7%増加となった。



◆その他のトピックス【マスク使用状況】◆


原宿・銀座共に通行者の9割以上がマスクを使用しており、6月と変わらぬ高い使用率に。

【使用率】前回比 原宿+2%/銀座-3%



※通行量をはじめとしたデータは現地で調査スタッフが毎時間20分間を計測し、1時間あたりに推計したデータ ※年代判定などは調査スタッフの観察による判定 ■引用・転載時のクレジット表記のお願い ※本リリースの引用・転載は、必ずクレジット「通行量ドットコム(株式会社フェイス・コム運営)調べ」を明記していただきますようお願い申し上げます。

時間帯別通行量結果などを含む詳細レポートは【通行量ドットコム】にて、ご提供しております。

通行量データレポートの提供価格

【原宿】  神宮前交差点付近(ラフォーレ原宿前)通行量結果レポート・・・¥30,000(税別)


【銀座】

 銀座四丁目交差点付近(GINZA PLACE前)通行量結果レポート・・・¥30,000(税別)


【原宿・銀座】  

 セット価格・・・¥50,000(税別)

レポートのサンプル

ご利用の規約


ご注文・お問い合わせはコチラから


◆次回Vol.3は9月下旬~10月上旬を予定◆

9月下旬~10月上旬頃に同内容でのVol.3調査を予定しており、結果を公開いたします

59回の閲覧

通行量調査

運営会社

​当社は個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に対して付与されるプライバシーマークの認定を受けております。
  • Facebookの社会的なアイコン

Copyright (C) Traffic-r.com All rights reserved.

NpwqEfS